北海道コンサドーレ札幌は5戦負けなしの3連勝で暫定3位

北海道コンサドーレ札幌がアウェイの地で柏レイソルを相手に今季初の逆転勝利で3連勝、5戦負けなし(4勝1分)と好調を維持している。

ペトロヴィッチ監督を今季から招聘した北海道コンサドーレ札幌は課題だった得点力が改善され、ここまでのところ暫定ながらトップタイの12ゴールを挙げている。
好調の要因のひとつには攻撃サッカーが定着しつつあることで、相手にとって狭い局面での崩しとサイドからの崩しのどっちもあるという怖さがあるのではというないかと思うと話す選手もいる。

敵地で勝ち点3を獲得した札幌は暫定3位に浮上。選手たちの表情にも自信が溢れている。


今季初の逆転勝利で3連勝、5戦負けなし(4勝1分)と好調の北海道コンサドーレ札幌。この日キャプテンマークを巻いたMF兵藤慎剛は試合後に「去年とは違う札幌を見せられている」と自信を見せた…
出典:ゲキサカ

四方田コーチが繋げた勝利への自信

今まで何度もJ1昇格をするものの1年でJ2降格になるということを繰り返してきた北海道コンサドーレ札幌ですが、昨シーズンは16年ぶりに残留争いを勝ちぬき今季もJ1で戦っている。

その目標を達成させた四方田監督の手腕は高く評価されていたが、J1定着さらには上位進出を狙うチームは四方田監督をコーチとして残しつつ、攻撃的サッカーに定評のある元浦和監督のペトロヴィッチ監督を招聘。

しかしその特殊なサッカーを守備重視で戦ってきた札幌で実現できるのかは疑問しされ、浦和では目前で何度もタイトルを逃しその前に率いた広島をJ2に降格させた経験があるペトロヴィッチ監督を不安視する声も多く聞こえた。

実際にシーズンが開幕してもカップ戦を含めて開幕5試合未勝利で不安は的中かと思われていた中、今回の勝利で3連勝を達成し選手も手ごたえを感じてきているということは自信にもつながっているようだ。
研究されてきた時にどう対処するかに課題はあるが序盤の台風の目として札幌には注目したい。

まとめ

今まで守備的なサッカーをしてきたチームが攻撃的にシフトチェンジするも上手くいかず、そのまま残留争いに巻き込まれていくという例はJリーグではよくあること。
なので私もペトロヴィッチ監督の就任を聞いた時から札幌の今シーズンの苦戦を予想していた。

しかし実際にそのサッカーは予想以上に早く選手に浸透しており高いレベルで実践できている。
このまま戦術理解度が高まれば札幌はさらに勝ちを積み重ねることもできるでしょうし、上位のまま今シーズンを戦い続けることも不可能ではないだろう。

高い集客力を誇る札幌が強くなることでさらにJリーグ全体の注目度も上がり盛り上がりを見せるのは容易に想像できるので、札幌にはこの調子でガンガン突き進んでいただきたい。